【Springin’】自分の描いた絵を動かす!【オトナのプログラミング入門】

■記事をぜひ読んでいただきたい方
1. 「Springin’ をはじめてみたけど、今までのプログラミングと違ってわからない!」と思っていらっしゃる方
2. 「どうやれば Springin’ で自分の描いたキャラを動かせるの?」と思っていらっしゃる方
3. 「こどもと一緒に Springin’ で遊んでみたい!」とおもっていらっしゃる方

こんにちは!くら校長です。

Springin’ のプログラミングのシリーズ第2弾!

前回:【デビュー】はじめてみよう、Springin’ !【オトナのプログラミング入門】
次回:【Springin’】「場外!」をなくす!【オトナのプログラミング入門】

Springin’ は現代における、ゲーム開発環境としては、本質的なものだけを直感的に操作できる様に残した素晴らしいプログラミングツールです。

一方で「プログラミング?もちろんできるよ!」という方でも Springin’ を初めてご覧になると「???」となってしまう方もいらっしゃいます。それほどまでに、いままでのプログラミングツールとくらべて Springin’ は斬新でもあります。

「直感的操作」という最初の壁を乗り越えればすぐに Springin’ の楽しい世界で誰でも。オトナも。楽しめます!本記事がそのお手伝いになれれば幸いです。

本記事では、自分で描いた絵を

  1. 描いたりんごの絵を下に落とす
  2. iPad を操作して描いたりんごの絵を動かす

この2パターンの方法について解説していきます!

■記事の信憑性
記事を書くにあたって、ちゃんと記事通りのことができるかはいつもどおり確認しております。また、Springin’ を開くのはもはや、校長の日課です(前記事と同じですみません)。なので、安心して読んでいただければと思います。

■この記事を読むと・・・
1.Springin’ でりんごの絵を描けます!
2.描いたりんごの絵を下に落とせます!やったね、ニュートンさん!
3.iPad を操作して描いたりんごの絵を動かせます!

スプリンギンで作品をつくる準備

Springin’ をひらいて右下の+をタップします。

ひらいた画面の左上の+をタップしましょう。これで準備完了です!

りんごの絵を描く

開いたら、左下から色を選んで・・・

できました!赤と黒だけでりんご完成です(笑)
え?さくらんぼじゃないかって?いや、りんごです!

完成したら右下のチェックをタップします。

画面左のりんごを中央につかんで持ってくると・・・

はい。これで準備完了です!

りんごの絵を下に落とす

りんご以外の白い部分をタップすると、下の様な絵がでてきます。ここでは左側を選んでみましょう。

おおっ!?なんだこの絵は?きにせず、まんなかの緑のりんごを下までつーっと持っていき、右下のチェックをタップします。

そしてこの画面にもどったら下にある▶をタップします。

おおっ!りんごが落ちていきました。ニュートンもびっくりです。

iPad を操作してりんごの絵を動かす

また新しく最初からつくりなおして、今後は右のアイコンをタップし、iPad を地面と水平にしてから▶をタップしてください。

そこから少しだけ iPad を傾けると・・・

おおっ。傾けた方向にりんごが動きました。これにはアインシュタインも100億満点くれることでしょう!

ということで今日の記事は、Springin’ のアイテムの動き方について。一番最初で一番重要なお話をさせていただきました。ここを押さえておくことでどんどんとステキな作品を創っていけると思います!

では!

前回:【デビュー】はじめてみよう、Springin’ !【オトナのプログラミング入門】
次回:【Springin’】「場外!」をなくす!【オトナのプログラミング入門】

コメント

タイトルとURLをコピーしました