YouTubeチャンネル作成ワークショップ開催決定!くわしくはこちら

【世界のアソビ大全51】ヒット&ブローの攻略法とコツ【実戦例つき】

  • URL Copied!

PR(広告募集中)

「世界のアソビ大全51」の中で、最も遊ばれているゲームの1つではないかという噂もある「ヒット&ブロー」。

本当に面白いゲームですよね!

校長も、こどもの頃に父親とよく遊んだゲームに数十年ぶりに再会し、熱中しております。

自身のこども達と「ヒット&ブロー」を遊んでおりますが、昔の自身と自身の父親の姿とかぶり少し胸アツです。

created by Rinker
任天堂

ですが、そんなことはいいのです。

ヒット&ブロー」は勝負ごと。負けたら悔しいじゃないですか。勝ちたいじゃないですか(大人げないですが)。

なので、攻略法について真面目に考えてみました。

それでは始めていきましょう!

この記事を読むと

1.「ヒット&ブロー」攻略法を実戦例を見ながらマスターできます。
2. 論理的に「ヒット&ブロー」を考えられる様になります。
3.「世界のアソビ大全51」の「ヒット&ブロー」をクリアできる様になります!

目次

「ヒット&ブロー」とは

隠された数字などをヒントをもとに当てるゲームです。紙とペンさえあれば遊ぶことが出来るため、昔からよく遊ばれています。

「マスターマインド」と呼ばれることもある様です(Wikipedia 出典)。

ここでは「世界のアソビ大全51」のゲーム形式に沿って、数字ではなく6色。そして、2人プレイヤー1人審判でゲームを進行していく流れについて書いていきます。

ゲームの流れ

CPUがあたりの色の並びを決める

CPUが「」から4色を1回ずつつかった形で「あたり」を決めます。

例えば、「」など。

プレイヤーがあたりを想定して答えを出す

プレイヤーが、あたりを想定して答えます。例えば、「」など。

結果をCPUが教える

CPUがプレイヤーの想定した答えがどれくらいあっているか、「ヒット」の数と「ブロー」の数で教えてくれます。

  • ヒット:答えと色も場所も同じところが何箇所あるか
  • ブロー:答えと「場所は違うけれど同じ色」が何色あるか

たとえば、あたりが」で、プレイヤーが「」と答えた時。

色も場所も同じところは最後の「1箇所。「」を除くと答えとあっている色は「」の1色。ですので、「ワンヒット&ワンブロー」となるわけです。

これを繰り返して最終的に「フォーヒット」、つまり答えと一緒になったらクリア。です。

では、具体的な攻略方法をみていきましょう!

実戦例

1回目

このゲームの標準の設定ですと、同じ色は1回しか使われません。

」などといった答えにはなりません

で・・・色の重複さえしなければ、正直1回目になにを答えようが同じです。

ものすごく運がよければ1回で「フォーヒット」を出せますが、その確率は非常に低いです。

1/(6x5x4x3) = 1/360 ですので・・・

0.28%くらいでしょうか。ソシャゲの最高レアを出すより難しいかもしれません。

2回目

さてここからが、本格的なゲームのはじまりと言えます。1回目の結果をもとに、「フォーヒット」に近づく様に考えていきましょう。

1回目の結果は、「ワンヒット&ワンブロー」。

1回目でつかわれていない色は「」と「」。

6色中4色をつかって「ワンヒット&ワンブロー」。

2色はつかわれているとの結果ですから、残りの「」と「」は100%使われている。ということがわかりました。

ヒット数とブロー数。これらを足した数が使われている色。全部で6色の中から4色を使った結果。

この考え方が「ヒット&ブロー」を攻略していくひとつのコツになります。

それをふまえて、2回目に「」と入れてみます。

結果は「スリーブロー」。

」と「」はあたり。であれば、「」か「」。どちらかが当たりです。さらに言えば、場所は全部ハズレ。

1回目はどこかが場所も色もあたり。でした。

むむむ。

1回目も2回目も「青」を同じ場所に置いているのに2回目はヒットがありません。ですので、「」はハズレ。「」が確定していました。(※2021/6/18追記) (2021/9/2 shi さんのご指摘により本記載は間違いであるとわかりました。shi さんありがとうございます!)

3回目

」と「」はどうなんだろ?1回目のヒットを「」と仮定したうえで・・・

」と並べてみました。

結果は・・・「ワンヒット&ワンブロー」。全然答えと違いました。が、これは大収穫です。

」と「」は使われていることは確定しています。その中でこの結果は『「」と「」は使われていない』ということを教えてくれました。

さらに」と「」のどちらかは場所もあっています。

ですので、使われている色は「」で確定です。

1回目と3回目で1つは色も場所も正解しています。これを踏まえて4回目にいきます。

4回目

1回めのヒットを「」。3回目のヒットを「」。と仮定して「」と並べました。

結果は「フォーブロー」。

これも重要なヒントです。

色は全部あってる。しかし場所が全部違う。

ゴール目前です。

5回目

3回目で「」か「」は色も場所もどちらかが正解。で、4回目はぜんぶ場所が違う。

3回目のヒットが「」という仮定は間違いでしたので、「」が1つ目なのは確定です。

2回目と4回目で「」がどちらも場所が違う。

2つ目4つ目は「」ではありません。

さらに1つめに「」が入ることは確定しているので、3つ目の「」も確定しました。

3回目の「白」の場所が違うので、2つ目の「白」も確定。消去法で4つめが「」。

」どうだ!?

フォーヒット」!正解です。やりました。嬉しいです!!

まとめ

「ヒット&ブロー」は正直頭を使いますよね。校長はいつもブツブツ独り言をいいながら「ヒット&ブロー」をやっています(汗)。

でも、「ヒット&ブロー」を真剣にゲームすることで「論理的思考力」も、自然と鍛えられちゃいますね(笑)。

アソビながら頭が良くなるなんて、「ヒット&ブロー」はなんて最高のゲームなんでしょう!

created by Rinker
任天堂

みなさまの「ヒット&ブロー」ライフが今以上にハッピーになるお手伝いが少しでも出来たのであれば、校長も本当にハッピーです。

「面白かった!」の一言だけでも、コメントをいただけますと大変はげみになりますので、ぜひよろしくお願いいたします!

では!

よろしければシェアお願いします!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる