将棋特化「将棋ポータル.com」プレリリース中

【世界のアソビ大全51】将棋「やばい」必勝法【解説動画つき】【先手編】

  • URLをコピーしました!

「世界のアソビ大全51」の「将棋」。どう考えたらいいのかわからないにゃ。

なかなか勝てないにゃ!
勝ちたいにゃ!

今回はその悩みに、「世界のアソビを極めた」本ブログの筆者「くら校長」がお答えします。

くら校長

おまかせください!

「世界のアソビを極めた!!」証拠画像はこちら(笑)。

↓将棋を楽しむなら、ABEMA プレミアム。スマホで楽しめます!

校長は将棋1級。なにも考えず、「世界のアソビ大全51」の「将棋」をやってみたのですが、「あれ・・・?勝てないぞ。」と。そうなんです。何も考えないで指すと勝てません・・・

そんな経緯もありまして、研究(?)しました!本記事では「先手で『やばい』に勝てる。」手順について書いていきます。

ある意味ネタバレに近い部分もありますので、気になる方はそっと、ブラウザバックをお願い致します。

この記事を読むと

1.「将棋」のCPU最強ランク「やばい」に先手で勝てる様になります
2.「角」の前が弱点なことがわかります。
3.「将棋」の基礎的な考え方をマスターできます。
4.「世界のアソビ大全51」の「将棋」をクリアできる様になります!

以下の順序で、将棋「やばい」必勝法を徹底解説していきます!

STEP
必勝法

これで、「やばい」は瞬殺です。

STEP
実戦例

ハッハッ。見ろ!「やばい」がゴミのようだ!

なお、一番最後に手順を YouTubeに動画投稿したものを載せております

それでは始めていきましょう!

目次

「将棋」おさらい

9×9のマスの中で先手後手が交互にコマを動かして戦うゲームです。先に相手の「王」を取ったほうが勝利となります。

「将棋」のルールについては日本将棋連盟のサイトをご参照ください。

初期配置は以下の通りです。

必勝法

「やばい」に一番楽して勝つ方法は、ズバリ。ひたすら「飛」の前の「歩」をすすめることです。

次から実戦例を見ていきましょう。

「5五将棋」とは異なり、かならず以下の手順に成るとは限りませんが、ひたすら「飛」の前の「歩」をすすめるというのが必勝の手筋になることには変わりません。

もちろん、実際の「将棋」ではこんなに簡単に勝てるわけではありませんので、その点だけご承知おきください(汗)。

対局開始

初手

というわけで、「飛」の前の「歩」を進めます。

3手目

どんどん「飛」の前の「歩」を進めます。

5手目

「飛」の前の「歩」を進めます。どんどん行きます。

7手目

「飛」の前の「歩」を進めます。「と金」になれました。

9手目

とどめです。

「と金」の前にさきほど取った「歩」をはります。

相手はもう万事休すです・・・。

勝利

あとは、あせらず進めていけば勝利です!

おためしステップが多く利用されているゲーム堂々2位!

任天堂公式によると、「将棋」はおためしステップが多く利用されているゲームランキングで堂々の2位となっています!「将棋」を覚えたい方が非常に多いことがわかります。

まとめ

↓動画の方がわかりやすい、という方はこちらもぜひ御覧ください

何回か試してみたのですが、CPU最強レベルの「やばい」。この手順で100%圧倒的に有利な状況が作れます。

現在市販されている将棋ソフトであれば、AIを使って最善手を探していきますので、本記事の様に全くなりません

「世界のアソビ大全51」および Switch では、もっとみんなに親しんでもらおうということで、あえてこの位の難易度にしている部分もあるかと思います。

※「将棋」に限らず世界のアソビ大全の各ソフトは、なにかしらの攻撃に弱いという特性を持っている様な気がします。そこを見つけるのがコツかもしれません。

created by Rinker
任天堂

とはいえ、勝つ喜びこそが強くなる原動力ですし、「やばい」に勝利できれば世界のアソビ大全での「将棋」についてはクリアです!

また、「飛」の前の「歩」を進める手は実戦でも最有力な手の一つですし、これをきっかけに「将棋」に興味を持ってくださる方が増えると校長も嬉しいです。

みなさまもぜひ「将棋」遊んで学んでみてください!

「面白かった!」の一言だけでも、コメントをいただけますと大変はげみになりますので、ぜひよろしくお願いいたします!

では!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よろしければシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次