将棋に特化したブログを製作中6月リリース予定です

【世界のアソビ大全51】クロンダイク攻略のコツ【ソリティア】

  • URLをコピーしました!

「世界のアソビ大全51」の「クロンダイク」。どう考えたらいいのかわからないにゃ。

なかなかあがれないにゃ!
勝ちたいにゃ!

今回はその悩みに、「世界のアソビを極めた」本ブログの筆者「くら校長」がお答えします。

くら校長

おまかせください!

「世界のアソビを極めた!!」証拠画像はこちら(笑)。

「世界のアソビ大全51」で「クロンダイク」をクリアするためには「1枚めくり」「3枚めくり」どちらも1回はあがる必要があります

まず本記事では「クロンダイク」の2つのゲーム。「1枚めくり」「3枚めくり」の中で「1枚めくり」についての攻略のコツについて書かせていただきます!

この記事を読むと

1.「クロンダイク」のルールがわかります。
2.「クロンダイク」の攻略のコツをつかめます。
3.「世界のアソビ大全51」の「クロンダイク」「1枚めくり」をクリアできる様になります!!

本記事は以下の順序で、クロンダイク攻略のコツを解説していきます。

STEP
「1枚めくり」のルール

クロンダイクには、3つのフィールドが存在します。それぞれに名前をつけちゃいましょう!

STEP
攻略のコツ

これを読めば、クロンダイクの攻略はバッチリです!

それでは始めていきましょう!

目次

「1枚めくり」のルール

ゲームの「遊び方」を見ながら「ルール」と「知ってるとクリアしやすい!」ノウハウを書かせていただきます!「3枚めくり」でも使える考え方も多いかと思います。

まず最初に、場所の呼び方をここでちゃんと決めておきます。本記事では「左上の山札」「右上の組札」「右下の場札」と3つの場所が出てきますが、それぞれ以下の場所を指します!

基本の遊び方

「クロンダイク」は、最終的に「右上の組札」に♣◆♥♠それぞれのA〜Kをすべて入れれば勝ちとなるゲームです。

まずは

ゲーム開始のタイミングで、「右下の場札」のカードを出来る限り開きます。数字の大きいものから1つずつ順にカードを重ねることが出来ます。

赤と黒は交互に

右下の場札」では赤(♥◆)や黒(♣♠)を連続して重ねることは出来ません。「クロンダイク」一番のキモとなるルールです!

動かせなくなったら

右下の場札」でカードを重ねることができなくなったら、「左上の山札」から「1枚ずつ」カードをめくり始めます。ここで、「左上の山札」から「右上の組札」もしくは「右下の場札」に条件があえば、カードを置くことが出来ます。

条件については、続きを見ていきましょう!

Aが出たら

左上の山札」から「右上の組札」にカードを置くことが出来る場合は以下の2パターンです。

1.「♣A◆A,♥A,♠A」が出た場合
2.「左上の山札」に同じマークのひとつ前の数字が出ている場合

たとえば、2.の例としては「右上の組札」にすでに「♣A」が出ている場合。「左上の山札」で「♣2」が出たらそのまま、「右上の組札」の「♣A」の上に重ねることが出来る、という感じです。

場札が空いたら

右下の場札」は全部で7列あります。

右上の組札」に持っていったり、右下の場札」の中で他の列にすべてカードを移動した場合には空となった場札の列に、他の列もしくは左上の山札」にある「♣K,◆K,♥K,♠K」を置くことができます。

まとめて動かす

♥Q,♣J,♥10,♠9」という様につながっているカードは、別の列につなげる様に動かすことが可能です。

なお、空の列へは下に裏のカードがある列の「♠K,♥Q,♣J,♥10,♠9」などといった形のカードを移動することも出来ます!

ただし・・・

これ・・・。やめてほしいのですが、「どう頑張ってもクリアできない!」という状態でゲームが始まることが有るんですよね。こういう時はあきらめて次のゲームをトライしましょう・・・。

攻略のコツ

「世界のアソビ大全51」にあった「ヒント」についても触れておきます!

カードを表に

正直場合にもよるとは思いますが、「裏が多い列のカード」を動かすメリットは確かに大きいです。

一番下の「裏」のカードはそのカードの上にある全てのカードが「表」にならないと「表」にすることすら出来ないからです。

ゴールから戻す

校長も初めて「クロンダイク」をやった時に、「え?こんな事できるの!?」と驚いたルール?です。

これをやることで、「左上の山札」「右上の組札」「右下の場札」の中で「♥8」と「◆8」を入れ替えるなどが可能です。クリアする上での大きな攻略のコツと言えます!

まとめ

「クロンダイク」は、昔本当によくやりました。職場の Windows パソコンで昼休みなど、お弁当を食べながらやっていたり。仕事に煮詰まって「正直やってられん!」と思った時に、無心になるためにやったり(汗)。

もしかしたら、「そんな事もあったな〜」と共感してくださる方もいらっしゃるかもしれません。

共感してくださると校長も本当に嬉しいです(笑)。

当時のその「クロンダイク」を無心でやっていた時間に価値があったかはわかりませんが、今回記事を書かせていただくにあたって、昔考えていた事を盛り込むことは出来ました。

もちろん校長の考え方が全てだとか、絶対に正しいとは1ミリも思っておりません。ですので、ぜひとも「こんな考え方があるよ!」というコメントいただけましたら、本当に嬉しいです。

「クロンダイク」一緒に楽しんでいきましょう!

「面白かった!」の一言だけでも、コメントをいただけますと大変はげみになりますので、ぜひよろしくお願いいたします!

では!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よろしければシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる