【カードゲーム】「L.A.M.A.」(ラマ)攻略のコツ【徹底解説】

「L,A.M.A」は、ボードゲームアリーナなどでも遊ぶことの出来る、有名かつシンプルなゲームです。ですが、戦略性も奥深い。そこで本記事では、「L,A.M.A」の攻略法についての解説をさせてただきます!

ただ、「L,A.M.A」このアルファベットとアルファベットのあいだの点。いったいなんなのだろう・・・。と気になってしまいました。

で、虚構新聞を読んでみると

「L,A.M.A」このアルファベットとアルファベットのあいだの点。いったいなんなのだろう・・・。「m.c.A.T」や「t.A.T.u」の親戚だろうか。もしそうであれば、「L.A.M.A」は素晴らしい歌手なのかもしれない。

この仮説を検証するべく、調査隊は長崎県に飛んだ。

「こんにちは!あなたは第一ラマです!」「突然ですが歌をうたっていただけませんでしょうか?」

まあ、もちろん虚構新聞にこんな記事はなかったですけどね。

悪ノリがすぎましたが、「L.A.M.A」のルールを覚えたあと、勝率をあげる考え方について、全力で記事を書きました!

「魅惑のボドゲ攻略メモ」 はこちら!

それでは始めていきましょう!

■この記事を読むと・・・
1.「L.A.M.A」の戦略・戦術をマスターできます!
2.「L.A.M.A」の勝率があがります!!
3. 一緒に「L.A.M.A」を遊んでいる仲間から(調子に乗りすぎなければ)尊敬される様になります!

「L.A.M.A」とは

1」,2」,3」,4」,5」, 「6」, 「ラマ!」7種類のカードを使ったゲームです。

参加プレイヤーに6枚ずつのカードを配り、山札から1枚のカードを表にして出した状態でゲームスタート。

手持ちのカードをできるだけ少なくした人が勝ち(点数計算の記載はのちほど行います)。

手持ちからは、場に出ているカードと同じもの、もしくはひとつ上にずれたカードを出すことが可能です。

場に出ているカード手持ちから出せるカード
11」,2
22」,3
33」,4
44」,5
55」, 「6
66」, 「ラマ!
ラマ!ラマ!」,1

ラマ!」の次に1」がくるのがポイントです。

基本戦略

考え方は「7ならべ」と非常によく似ています(「7ならべ」の記事はこちら)。

ケース1

場に出ているカードが「ラマ!」で

手持ちのカードが1」,2」,2」,3」, 「ラマ!」の場合。

この場合は、1」,「ラマ!」どちらかを出すことが出来ます。

「1」を出した場合

手持ちのカードは「2」,2」,3」, 「ラマ!」が残り、次のプレイヤーが出せるカードは1」,2」どちらかになります。

「ラマ!」を出した場合

手持ちのカードは「1」,2」,2」,3が残り、次のプレイヤーが出せるカードはラマ!,1」どちらかになります。

1」を出した場合にはラマ!」を出すまでに時間がかかりそうなこともあり、この場合ラマ!」を出して、場のカードを変えないほうが良さそうです。

ケース2

場に出ているカードが「ラマ!」で

手持ちのカードが「1」,1」,1」,2」, ラマ!」の場合。

この場合も、「1」,「ラマ!」どちらかを出すことが出来ます。

「1」を出した場合

手持ちのカードは1」,1」,2」, ラマ!」が残り、次のプレイヤーが出せるカードは1」,2」どちらかになります。

「ラマ!」を出した場合

手持ちのカードは1」,1」,1」,2」が残り、次のプレイヤーが出せるカードは「ラマ!」,「1」どちらかになります。

この場合は難しい判断がありそうですが、すべての手札を場に出し切ることを目標にするのであれば、「1」を3枚も持っている状態は望ましくありません。1」を出して、重複した手持ちのカードを減らしたほうが良い、という考えも有り得そうです。

応用戦略

応用戦略としては、「どのタイミングで抜けるか」が大事です。

さきほどの「基本戦略」のケース2を例に考えてみましょう。

1」を出した場合には1」,1」,2」, ラマ!」が残り、この時点で抜けたとしたら-13点。

ラマ!」を出した場合には「1」,1」,1」,2が残り、この時点で抜けたとしたら-3点。

ですので、「基本戦略」のケース2の状況で、是が非でもアガりたい場合には1」を出すべきですし、安全策でいってもいい場合にはラマ!」を出してもいいわけです。

ですので、状況次第で出すべきカードは変わってきます。

誰か他のプレイヤーが-40点近く、現時点で首位であればラマ!」をだす選択肢が正しそうですし、現時点で最下位であれば、1」を出してアガりをめざしてみるのも良いでしょう。

まとめ

単純にみえますが、他のプレイヤーの手持ちのカードの枚数や順番も大きな判断材料ですので、どのカードを出すかという決断は結構難しい気がします。

でも、だからこそ面白い!

この記事を読んだことで「L.A.M.A」の勝率が少しでもあがったらほんとうに嬉しいです!!

「魅惑のボドゲ攻略メモ」 はこちら!

「面白かった!」の一言だけでも、コメントをいただけますと大変はげみになりますので、ぜひよろしくお願いいたします!

では!


- 週刊ボドスク校長 -

「アナログなゲームやシミュレーションゲーム大好き!」
「ブログを見ていただけた方をハッピーにしたい!」

そんな想いで毎週月曜日に新しい記事を投稿しています!!
記事へのコメントをいただけますと、大変嬉しいです。

囲碁初段。将棋1級。ツイクスト初段。

東京出身。東京在住。40代3児の父。東大理学部卒。ご連絡はこちらへ!

くら校長をフォローする
カードゲーム
シェアする
くら校長をフォローする
週刊 ボドスク

コメント

タイトルとURLをコピーしました