【Springin’】うまく絵をかくコツーその2ー【オトナのプログラミング入門】

■記事をぜひ読んでいただきたい方
1. 「Springin’ で、絵をキレイに書きたい!」と思っていらっしゃる方
2. 「Springin’ 以外のお絵かきソフトもうまく使いこなしたい」と思っていらっしゃる方
3. 「こどもとお絵かきのお話をしたい!」とおもっていらっしゃる方

こんにちは!くら校長です。

Springin’ のプログラミング、シリーズ第11弾!

前回:【Springin’】うまく絵をかくコツーその1ー【オトナのプログラミング入門】
次回:作成中

前回に引き続き、Springin’ でうまく絵をかくコツについて解説していきます!

■記事の信憑性
記事を書くにあたって、ちゃんと記事通りのことができるかはいつもどおり確認しております。また、Springin’ を開くのはもはや、校長の日課です(Amazon タイムセールで出ているスタイラスペン。いいですよね。)。なので、安心して読んでいただければと思います。

■この記事を読むと・・・
1.Springin’ で使う、お絵かきツールのすべてが分かります!
2.絵が苦手な方でもうまく描ける様になります!

本記事でつかうツール

本記事では下の図の①〜⑤での「モード切り替え」について解説いたします!

①ペンツールモード

こちらについては、

前回:【Springin’】うまく絵をかくコツーその1ー【オトナのプログラミング入門】

に書かせていただきました!ご参照ください。

②図形モード

図形をつくっていくモードです。

②ー① 四角形

②−② 円

②−③ 多角形

②−④ 線

③消しゴムモード

消しゴムの先の形と太さを選んで・・・

消しゴムを使います。

④背景モード

ここから

・カメラ
・写真とりこみ
・背景色

をさらに選びます。

④−① カメラ

カメラで撮影した写真を Springin’ 上のキャラクターに取り込むモードです。

④−② 写真とりこみ

iPad のなかにある写真を Springin’ のキャラクターとして取り込むモードです。

④−③ 背景色

背景色を設定するモードです。校長よくわかっていませんでしたが、しくみデザインの中村先生に、twitter 上でお教えいただきました。本当に有難うございます!!!

色違いのキャラをつくる方法6ステップ!

1.背景色を選びます

2.キャラ以外の色を抜く

3.目とか描く

4.保存したらコピーする

5.背景色にいく

6.背景色変更&保存

一瞬「だいじょうぶか?」となりますが・・・

こうなって、保存すると・・・

できました!

⑤やり直し(undo)モード

へんなモノをかいてしまった時など、前にもどることができる機能です。便利。これを覚えればストレスは激減するはずです!

まとめ

ということで今日の記事で、Springin’ のお絵かき第二弾。校長も最初ぜんぶの機能を把握せずにノリで Springin’ をはじめて楽しんでいました。が、すべての機能を把握してからのほうが Springin’ は間違えなく楽しめる様になります。ぜひこの記事でマスターしちゃてください!校長も Springin’ で日々お絵かきも頑張っていますので、よろしければ見ていただけると嬉しいです。

では!

前回:【Springin’】うまく絵をかくコツーその1ー【オトナのプログラミング入門】
次回:作成中

コメント

タイトルとURLをコピーしました