【世界のアソビ大全51】55将棋をプログラミング的思考で攻略する【後編】

5五将棋

こんにちは!くら校長です。

NINTENDO Switch のソフト「世界のアソビ大全51」に収録されている「55将棋」。遊んでいらっしゃいますか?

先手番は、前回の記事で最強CPUであっても100%勝てる手順がわかってしまったので、今回は後手番について本記事で書いていきます。前回の記事より深い内容になっていると思います!

ある意味ネタバレに近い部分もありますので、気になる方はそっと、ブラウザバックをお願い致します。

前回:【vol.5】【世界のアソビ大全51】55将棋をプログラミング的思考で攻略する【前編】
次回:【vol.7】シャット・ザ・ボックスをプログラミング的思考で攻略する

それでは始めていきましょう!

■この記事を読むと・・・
1.55将棋のCPU最強ランク「やばい」にも後手でも勝てます。
2.将棋の基礎的な考え方をマスターできます。

55将棋とは

5×5のマスの中で戦う将棋です。ルールは普通の将棋とほぼ同じ。コマがなるときは一番奥の段までいかないとなれない。それくらいです。初期配置は以下の通り。

対局開始

初手

CPUは「角」をあがってきいます。初手は100%この手の様です。

2手目

CPUの「角」からのあたりをさけて、「金」を前にあげました。CPUは「角」をさげます。直感、このやりとりCPU損だと思います。手損ってやつでしょうか。

4手目

「銀」を前にあげます。CPUは「角」を初期位置に。完全にCPU手損です。ちなみに、「銀」を「角」の前にあげたくもなりますが、その後CPUが今度こそ「角」を「銀」の前に持ってきて、「歩」取り「角」と「飛」のコンビネーションによる王手をにらんでくるので、良くならない感じがします。

6手目

「銀」をあげます。CPUは「角」を「飛」のまえにもってきました。すでにCPU のコマの形がくずれている気がします。少なくとも「飛」の前に「角」がいるのは、「飛」のいく先が塞がれていますので、冴えないポイントです。

8手目

「歩」をすすめて「角」取りをアピール。CPUは「角」で「角」を取ります。ある意味「歩」をすすめるのは、CPUにこの手を強制しています。こちらは、ちょっと将棋の美濃囲いっぽい。好形なのではないかと、校長は勝手に思っております。

10手目

当然「飛」で「馬」を取ります。CPUは「金」をあげてきました。やや難しい局面・・・?

12手目

単純に「銀」でCPUの「金」を取るのがこの勝負の決め手になります。この手はCPUにとって激痛です。CPUが「銀」で「銀」を取り返したら、22の地点。CPUの「王」の斜め前に今とった「金」を打って、即詰みがありました。

仕方がないので、CPUは「銀」をあげてきます。

14手目

ここからゴリゴリと。単に「角」を33。盤の中心に打ちます。CPUは当然「銀」で「角」取り。

ただで「角」をあげるわけですが、CPUの「王」を守っている「銀」を守りから外す効果があります。

16手目

「金」を「王」の横に打って王手。CPUは「飛」で取るしかありませんが・・・。

18手目

「飛」でCPUの「飛」を取って勝ちです。最後は数の暴力的な結末でしたね。ありがとうございました!

まとめ

後手番については、CPU最強レベルの「やばい」の場合。この手順にならないことがあります。CPUの3手目以降が少しずつかわっていきます。

相手の指せる手を限定してく指しかた、を今回もしていきました。「あれ、このコマとれないじゃないか!」みたいな手ですね。

盤面を簡単に。調子がいいときには、まぎれがおきない様に。システムをプログラムにてつくる際の「KISSの法則」。「Keep It Simple , Stupid」(ぐちゃぐちゃやるな。単純にせよ。)と通じるところがあると校長。思っております。

みなさまもぜひ55将棋遊んで学んでみてください。

前回:【vol.5】【世界のアソビ大全51】55将棋をプログラミング的思考で攻略する【前編】
次回:【vol.7】シャット・ザ・ボックスをプログラミング的思考で攻略する

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました