【速報】「ナビつき!つくってわかるはじめてゲームプログラミング」レビュー

こんにちは!くら校長です。

ナビつき!つくってわかるはじめてゲームプログラミング。2021年6月11日(金)に発売されました!

校長も Amazon にて予約購入し、無事発売日に購入できました。早速遊んでみましたので、現時点でのレビュー投稿をさせていただきます。

前回:【あと1ヶ月】「ナビつき!つくってわかるはじめてゲームプログラミング」を買うべき理由5選
次回:【速報】「ナビつき!つくってわかるはじめてゲームプログラミング」ナビつきレッスンを終えて【総括】

それでは始めていきましょう!

「ナビつき!つくってわかるはじめてゲームプログラミング」とは

※ くわしくは、以前の記事をご参照ください!

2021年6月11日に Nintendo より発売された、SWITCH 用のプログラミング入門ツールです。ノード型とよばれる、直感的でゲームをつくるのに向いているツールと言えると思います。

※ あくまで、ブロック型、イメージ型、ノード型。それぞれの方法に向き不向きがある。というお話です。

いずれにしろ、様々なプログラミングのアプローチがあり、新しいアプローチに慣れるのはこどものほうが正直得意です。ですので、こどものうちに「新しいもの」に触れるというのは非常に大事だと思います。

いろいろな考えにふれるのが大事です!

ゲームを起動する

早速起動してみます!

「ナビつき!つくってわかるはじめてゲームプログラミング」では、「ナビつきレッスン」と「フリープログラミング」の2つのモードが用意されていますが、最初は「ナビつきレッスン」しか選べない様です。

なるほど。入門の方のことを考えれば、この方がいいかもしれませんね。細かいところですが、Nintendo 様のご配慮にいきなり少し感動しました。

チュートリアルで作れるゲーム

「ナビつき!つくってわかるはじめてゲームプログラミング」には以下の7つの「ナビつきレッスン」が用意されています。

1.二人対戦おにごっこバトル
2.コロコロボ〜ル
3.エイリアンシューティング
4.GOGO!アスレチック
5.謎解きの部屋
6.エキサイトレーシング
7.3Dアスレチックワールド

それぞれの、「ナビつきレッスン」をクリアすることで、題名のゲームが完成します。「ナビつきレッスン」はこの順序にクリアしていく必要があるため、最初に作れるゲームは「二人対戦おにごっこバトル」になります。

そして、それぞれの「ナビつきレッスン」をはじめる前に、予習的な「チェックポイント」も用意されていて、すべてを順にクリアしていく必要があります。

校長も「二人対戦おにごっこバトル」の「ナビつきレッスン」までを早速体験してきました。

「ようこそナビつきレッスンへ」

ゲームを開始して、一番最初にチャレンジするのがこのレッスン。結論から言うと、校長。ここで速攻混乱しました。「あれ?このゲームクリアできないじゃないか。」と。

「いどう」は出来るのに「ジャンプ」出来ない。リンゴ。取れません・・・。この画面ではとにかく移動しながら、Bボタンを何回か押してみましょう。

「おこまりのようですね!」とへんなボールが喋りだして、チュートリアルが進みます。

なるほど。「ゲーム画面」というのと「ゲームのうらがわ」という画面この2つを行き来して、ゲームを完成して遊んでいく感じなのですね。それぞれの画面は「+」ボタンで行き来できます。

「ボタンノードン」と「ヒトノードン」の「でっぱり」と「ジャンプ」をつないで「Bボタンでヒトがジャンプする」プログラム完成です。

「ゲーム画面」にいって・・・

動きました!

はじめてのチェックポイント「ヒトをジャンプさせろ」

「ヒト」に「リンゴ」をとらせるというパズルです。

これは、前の「ようこそナビつきレッスンへ」をちゃんとやっていればできるので、本当に「おさらい」という感じです。

「ゲーム画面」と「ゲームのうらがわ」を「+」ボタンで行き来する。そこに慣れるのが一番のポイントでしょうか。

ナビつきレッスン 1.「二人対戦おにごっこバトル」

最初につくるゲーム。ナビつきレッスンは、こちら。「二人対戦おにごっこバトル」です。

赤い鬼が青いプレイヤーにさわったら勝利。彼らの逃走劇をうえから落ちてくるボールが邪魔する。そんなゲームです。

最初につくるゲームとしては難しそう・・・?そう校長も思っていましたが、ナビに従っていけばサクサクつくれます。この感覚。スピード感はこども達にとって、快感だと思います。

なるほど。カテゴリーごとにわかれていて、ノードンを「ゲームのうらがわ」に出すのも簡単。

パラメーター。変数。このあたりも、「苦手」と思わずにマスターできそうです。そして、試行して調整する流れもきっちり再現されています。スゴイ・・・。

イベントが起きた時にするアクション。1秒待つの処理。最初のレッスンで、ここまでできてしまうんですね!ソフトももちろん素晴らしいですが、こどもに対する教えかたも勉強になります。

全般的なお話としては「ノードン」を「ゲームのうらがわ」でキレイに整理することも、きっちりレッスンにはいっているのもスゴイことだと思います。こういうところが出来る出来ないで本格的なプログラムが書ける書けないの差は出てきます。

間違えなく、オトナもこどもも買って納得!学習ツール!

当たり前ですが、「ナビつき!つくってわかるはじめてゲームプログラミング」はSwitch のソフトです。

「うーん。こどもは Switch のソフトを欲しがっているけれど、あんまり遊ばれて勉強やらなくなってもな。」と思っていらっしゃる保護者のかた。日本中に数え切れないほどいるかと思います。

ですが、そういった保護者のかたがたにとっても、このソフトは「なるほど!プログラミングを学べるならいいか!」となると思うのです。

実際、このソフトで遊べばプログラミングの考え方は身につきます!みんながハッピーになれる製品です。

プログラミングをまなぶ上での細やかな気配りも随所にあり、Nintendo様のクリエイター魂に脱帽です。

まとめ

素晴らしいソフトである上に、買うことに対してオトナもこどもも納得してしまう。そして楽しそう。これは・・・買わざるを得ませんね(笑)。もちろんりんご夢のプログラミングスクールでも「ナビつき!つくってわかるはじめてゲームプログラミング」の講座は開講予定ですし、6/11(金)は twitter のライブにて開封の儀を行いたいと思っております。

前回:【あと1ヶ月】「ナビつき!つくってわかるはじめてゲームプログラミング」を買うべき理由5選
次回:【速報】「ナビつき!つくってわかるはじめてゲームプログラミング」ナビつきレッスンを終えて【総括】

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました