【世界のアソビ大全51】7ならべ「やばい」必勝法【実戦例つき】

「『7ならべ』か。あのゲームさ。最初に7を持っている人が場に並べるじゃん?その時点で『7ならべ』おわってんだよね。」

とかスカした事をいってるヤツをボコしたいと思ったことはありますか?

校長は、そういうことをいうクソガキでした

大変申し訳ありません。ゆるして下さい。

世界のアソビ大全51
created by Rinker

「7ならべ」は長い休みなど、家族があつまったときにやられていらっしゃるご家庭も多いのではないでしょうか。

校長自身、こどもの頃に年末年始、両親の実家に行った際にいとこ同士で長いこと「7ならべ」をやった記憶があります。

ですが、いとこの中で最年少のわたしはあまり勝てなかったんですよね・・・(笑)。

昔のうらみ(?)を返すべく。最強CPUをボコしたい!!!・・・と思い、校長が魂を込めて攻略法をまとめてみました!!!

「世界のアソビ大全51」のまとめページはこちら!「アナログゲーム」のまとめページはこちら!

それでは始めていきましょう!

■この記事を読むと・・・
1.「7ならべ」の必勝法をマスターできます!
2.論理的思考は、ゲームをする上で強力な武器になりうるということを再認識できます。
3.「世界のアソビ大全51」の「7ならべ」をクリアできる様になります!

「7ならべ」とは

ご存じの方も多いと思いますが、ルールをおさらいさせてください。

  • 52枚のカードを均等にプレイヤーにくばる
  • 配られたカードの中に7があれば、場に出す
  • 親から順に場に出ているカードの隣のカードを出す
  • 出すカードがない、または出したいカードがない場合にはパスする
  • 最初に手元のカードをすべて場に出した人の勝ち
  • パスは5回までOK
  • パスを6回してしまったひとはバーストし負け
  • バーストした人の残りの手持ちカードはすべて場に出す

なお、「世界のアソビ大全51」の生みの親である任天堂はトランプを作っています。

任天堂 トランプ ナップ622 赤 TRP-N0622R
created by Rinker

ジョーカーありか、AとKが続くか、パスの回数は何回か。といった要素でローカルルールが存在します。

本記事では「世界のアソビ大全51」の標準ルールに沿って、校長が最善と思う戦略について書いていきます!

オススメ戦略

「外側」のカードを自分が持っているかを判断

「7ならべ」は、7を中心に隣のカードを出していくゲームです。

本記事では7より大きい数。たとえば、◆8の場合には、◆9,◆10,◆J,◆Q,◆Kの5枚のカードを「外側」のカードとよびます。

また、6より小さい数。たとえば、♣6の場合には、♣5,♣4,♣3,♣2,♣Aの5枚のカード。こちらも「外側」のカードとよびます。

次に出そうとしているカードのさらに「外側」のカードを自分が持っているか。

持っている時は場に出してもOK。持っていないときには出さないほうがいい場合が多いでしょう。

「7ならべ」における、唯一のコツといっていいものだと思います!

パスは限界までする

パス上限の5回まで。パスはどんどんしちゃって基本的にはOKです!

後半どのプレイヤーもパスをどんどんしてきます。

場が煮詰まってからが勝負です。

では、次から【世界のアソビ大全51】の「7ならべ」。「やばい」との実戦例を見ていきましょう!

【世界のアソビ大全51】の「7ならべ」。「やばい」との実戦例

1順目

ゲーム開始です。

場に出せるカードは光っています。

今回出せるカードは♣6と◆8ですね!

どちらのカードを出したとしても、手持ちに「外側」のカードを持っていることになります。

♣6であれば、♣5、♣2、♣A。◆8であれば、◆9。どちらを出してもOKです!

今回は♣6を出すことにしましょう。

すこし離れていても、外側にカードをもっているもの!

すこし進んで。♠9、♣5、◆4◆9。4枚のカードを出すことが可能です。

このうち、♣5は「外側」に♣2,♣1と2枚のカードを持っているので出すメリットがあります。

他のカードは出しても、この後プレイヤー自身が得することはできません。

他のプレイヤーの♠9,◆4,◆9の外側のカードを出すチャンスを増やすだけです。

がまんの時

さらに進みました。

♠9、◆4◆9。3枚のカードを出すことが可能です。

ですが、どのカードにも「外側」のカードがありません。

パスしましょう!

さらにがまん

さらに進みました。

それぞれのプレイヤーのパスの回数が増えていますね。

わたしも4回目。

♠9、◆4◆9。3枚のカードを出すことが可能です。

どのカードにも「外側」のカードがありません。

パスしましょう!がまんです!!

苦しい時間帯

さらに進みました。

わたしのパスは5回目。

♠9、◆4◆9。3枚のカードを出すことが可能です。

どのカードにも「外側」のカードがありません。

が、もうパスはできません。

どれかを出さなければいけません。

♠9の「外側」には♠10,♠J,♠Q,♠Kの4枚。

◆4の「外側」には◆3,◆2,◆Aの3枚。

◆9の「外側」には◆10,◆J,◆Q,◆Kの4枚。

できるだけ他のプレイヤーが出せるカードを増やしたくないので、◆4を今回出すことにします。

すこしチャンスがみえてくる・・・?

さらに進みました。

わたしのパスは5回目。

♠A、♠9、◆9。3枚のカードを出すことが可能です。

AやKはこのルールですと、場に出しても他のプレイヤーの手助けになりません。

文句なしに♠Aを出します。

勝利の方程式

さらに進みました。

わたしも含め、全プレイヤーのパスは5回目。

♠9、♣2、◆9。3枚のカードを出すことが可能です。

♣2の外には♣Aがあります。

♣2を出します。

そろそろパンクするプレイヤーがでてくるのではないでしょうか。

最終盤

さらに進みました。

ひとりパンクしたプレイヤーが出てきました。

♠9、♣A、◆9。3枚のカードを出すことが可能です。

♣Aを出します。

パンクしたプレイヤーのカードが場に出ています。

そこもチェックしつつ、場にあるカードを見ていきましょう。

勝利を確信!

さらに進みました。

ふたりパンクしたプレイヤーが出てきました。

♠9、♥K◆9。3枚のカードを出すことが可能です。

♥Kを出します。

のこりは5枚。

他のプレイヤーの持っているカードは♠10,♠11ともうわかっています。

♠9さえ止めていれば勝利確定です!

全員バーストという結末!

♥Kを出したところで、他プレイヤーが全員バーストしました!

勝利です!!

子どものころのリベンジを果たしました(笑)。満足です!

まとめ

「7ならべ」は、比較的簡単なゲームと言えると思います。

しかしながら、考えることはちゃんとあります。

本記事の内容をご存知の方とそうで無い方とでは、勝率は大きく変わるでしょう。

そういった意味では、「ゲームの攻略法を知ることで相手に勝つことができる!」といった喜びを感じやすいゲームでもあります。

本記事を読まれた皆様が、7ならべで喜びを感じていただければ、校長も非常にハッピーです!

世界のアソビ大全51
created by Rinker

みなさまもぜひ、「7ならべ」。楽しんでください!

「世界のアソビ大全51」のまとめページはこちら!「アナログゲーム」のまとめページはこちら!

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました