【世界のアソビ大全51】将棋「やばい」必勝法【先手編】

「『アソビ大全51』の将棋?強いよね。序盤中盤終盤。隙がないと思うよ。でも、オイラ。負けないよ。」

あのセリフ。NHK杯のインタビューで話して対局勝利した先生っていないという話を聞いたことがあります。

・・・まあいいや。

でも、「アソビ大全51」の将棋には、このセリフを話したとしてもフラグにはならず、ちゃんと勝利できます!

世界のアソビ大全51
created by Rinker

校長は将棋自体は、小学校のときに少し遊んだ程度(将棋ウォーズ2級くらい)。

最近将棋ウォーズを指し始めて「ふふふ。思っていたよりやれてる!」と思っておりました。

で、その勢いで「世界のアソビ大全51」の中の「将棋」をやってみたのですが、「あれ・・・?勝てないぞ。」と。

そうなんです。何も考えないで指すと勝てません・・・。

そんな経緯もありまして、研究(?)しました!

本記事では「先手で『やばい』に勝てる。」手順について書いていきます。

ある意味ネタバレに近い部分もありますので、気になる方はそっと、ブラウザバックをお願い致します。

「世界のアソビ大全51」のまとめページはこちら!「アナログゲーム」のまとめページはこちら!

それでは始めていきましょう!

■この記事を読むと・・・
1.「将棋」のCPU最強ランク「やばい」に先手で勝てる様になります
2.「角」の前が弱点なことがわかります。
3.「将棋」の基礎的な考え方をマスターできます。
4.「世界のアソビ大全51」の「将棋」をクリアできる様になります!

「将棋」とは

9×9のマスの中で先手後手が交互にコマを動かして戦うゲームです。

先に相手の「王」を取ったほうが勝利となります。

「将棋」のルールについては日本将棋連盟のサイトをご参照ください。

初期配置は以下の通りです。

必勝法

「やばい」に一番楽して勝つ方法は、ズバリ。ひたすら「飛」の前の「歩」をすすめることです。

次から実戦例を見ていきましょう。

「5五将棋」とは異なり、かならず以下の手順に成るとは限りませんが、ひたすら「飛」の前の「歩」をすすめるというのが必勝の手筋になることには変わりません。

もちろん、実際の「将棋」ではこんなに簡単に勝てるわけではありませんので、その点だけご承知おきください(汗)。

対局開始

初手

というわけで、「飛」の前の「歩」を進めます。

3手目

どんどん「飛」の前の「歩」を進めます。

5手目

「飛」の前の「歩」を進めます。どんどん行きます。

7手目

「飛」の前の「歩」を進めます。「と金」になれました。

9手目

とどめです。

「と金」の前にさきほど取った「歩」をはります。

相手はもう万事休すです・・・。

勝利

あとは、あせらず進めていけば勝利です!

まとめ

何回か試してみたのですが、CPU最強レベルの「やばい」。この手順で100%圧倒的に有利な状況が作れます。

現在市販されている将棋ソフトであれば、AIを使って最善手を探していきますので、本記事の様に全くなりません

「世界のアソビ大全51」および Switch では、もっとみんなに親しんでもらおうということで、あえてこの位の難易度にしている部分もあるかと思います。

※「将棋」に限らず世界のアソビ大全の各ソフトは、なにかしらの攻撃に弱いという特性を持っている様な気がします。そこを見つけるのがコツかもしれません。

世界のアソビ大全51
created by Rinker

とはいえ、勝つ喜びこそが強くなる原動力ですし、「やばい」に勝利できれば世界のアソビ大全での「将棋」についてはクリアです!

「飛」の前の「歩」を進める手は、本格的な対局でも最有力な手の一つですし、これをきっかけに「将棋」に興味を持ってくださる方が増えると校長も嬉しいです。

みなさまもぜひ「将棋」遊んで学んでみてください!

「世界のアソビ大全51」のまとめページはこちら!「アナログゲーム」のまとめページはこちら!

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました